現金派とカード派、自分はどちら?

定年退職後にパチンコ依存症に

老人になってからパチンコ依存症になってしまうケースが多くなってきています。
自分ではどうしてもパチンコ やめたいとの相談はコチラまで
定年退職後、暇を持て余してしまい、今更友人も作れず、家庭にも居場所が無い、そんな老人がパチンコ店で時間を潰すのです。
パチンコ依存症になってしまう人は、孤独、やりがいがない、生きがいがない、と辛い状況から抜け出したいがためにパチンコにはまってしまいます。
自分を癒やしたいためにパチンコ店に行ってしまうのですが、逆に今度はパチンコ依存症があなたを苦しめてしまいます。
座っているだけで興奮できて楽しい、いつでも遊べる、飲み物だってある、お金を儲けることもできる、と時間を潰すには最高の場所。
パチンコで時間を潰すなんて勿体無い、という人もいるかもしれませんがそもそも時間を潰さなければ単に虚しいだけ、辛いだけ、という人も多くいるのです。
少ない年金生活をしながらパチンコ依存症になっている老人も。
そのお金で食事でも購入をすればいいのですが、虚しさのあまりパチンコに逃げてしまいます。
悩みながらもなかなかパチンコ やめたい方はコチラでお待ちしております